射殺巡査長への退職金は論外・・そのとおり!

Posted at 07/09/01

女性射殺後自殺の警官事件。
この警官に退職金は誰も納得しません。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/81224/

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070901-00000095-jij-soci石原知事も31日の定例会見で、「死亡退職扱い」として巡査長に退職金が支払われることについて、「論外だと思います。人を殺しているんだから」と言っています。

都の条例に基づいているからと言うのですが、
実際、警視庁にも苦情の電話が多数寄せられているようです。

死亡退職 で扱うのはおかしいのではないでしょうか。

むしろ、懲戒免職を与えるくらいが妥当でしょう。

犯罪者が死んでも、死亡のまま起訴とかあったんじゃなかったでしょうか。

今回の事件は、現職警察官が勤務時間中に、ストーカーをしていた女性を殺して、自殺もしたという、まったく救いようのない事件です。

これに退職金を払うなどとは、警察の威厳も面目もつぶれますし、信用されないでしょう。
警察は住民も理解できる一般常識的な考えのもとで本当の処分を決めてもらいたいと思います。

スポンサードリンク

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門